2013年5月18日土曜日

詰めてます

数日前からサンルーカルにあるBodega Baronにて
Capataz(現場監督)のAntonioさんにくっついて色々教えていただいてます。
初日は瓶詰を見せていただきました。
清澄→冷却→フィルター(タイミングの関係で作業を逆から見てますので、後日清澄等
書きますね)を経て、ボトリングします。
ボトルは90度で殺菌します。
ボトルを機械に乗せるのは手作業、その後シェリーを詰めキャップを付けラベルを張り
箱詰めされます。この作業では3人の人が作業してます。↓(画像あり)
https://www.youtube.com/watch?v=wLAwngu_wlQ
昔は手作業だったので、たくさんの女性も働いていたそうですが、今は男性のみ。
カパタスさんに"ボデガの仕事で一番大変なことはなんですか?"と聞いたら、
"昔は機械もく全部手作業だったから、樽の移動とか大変だったけど、
今は大変な作業なんてないさ"と言ってました。
ボデガの人の勤務時間は7時30分〜15時。
休憩時にはみんなマンサニージャ飲んでます(笑)
 
 

1 件のコメント:

砂永英子 さんのコメント...

シェリーの樽がいっぱい!
昔の手作業でのボトル詰めなんて大変でしょうね。
しかし、朝は早いとはいえ勤務時間が15時までとは羨ましいw